国際ファクタリングとは

世界地図

国際ファクタリングとは、日本国内の輸出企業が海外企業と貿易取引する際に生じる貸し倒れのリスクを回避するために行われるものです。一般的に、貿易取引を行う際は、L/Cと呼ばれる信用状が使用されますが、国際ファクタリングはL/Cに代わる貸し倒れリスクの回避方法として注目されています。

そもそもL/Cとは、輸入国の銀行が輸出企業の依頼を受けて、輸入企業の審査を行ったうえで発行するもので、輸入の支払いを銀行が保証してくれるため、輸出企業は貸し倒れを心配することなく貿易取引が可能です。しかし、L/Cは、発行に煩雑な手続きが必要であることや、発行までに時間がかかること、銀行の審査が厳しいことなど多くのデメリットが存在します。これらのL/Cのデメリットを解消するために登場したのが、国際ファクタリングというわけです。

国際ファクタリングは、輸出企業と輸入企業、国内と海外のファクタリング会社の計4社で契約が結ばれるのが特徴です。輸出売掛の回収までの大まかな流れとしては、まず輸出企業は、国内のファクタリング会社に申し込みを行います。その後、国内のファクタリング会社は、保証引き受けを海外のファクタリング会社に打診して、受け入れられたら輸入企業の信用調査が行われます。調査結果が問題なければ、輸出企業は輸入企業に対して国際ファクタリングの利用を通知して、承認されれば各種手続きを行って契約成立です。そして、輸出企業は契約通りに商品を船積みするとともに、輸出船積書類を輸入企業に送付して、その写しを国内ファクタリング会社に送ります。輸入業者は、支払い期日までに海外のファクタリング会社に支払いし、その後国内のファクタリング会社へと送金され、最終的に輸出企業に代金が支払われるという仕組みです。

なお、国際ファクタリングは、世界の大手銀行とその子会社で構成されるネットワークを利用することで上記のような仕組みを作り上げることが可能となっているため、国際ファクタリングは大手銀行系の会社でしか利用できません。また、利用可能な国には制限があることや、L/Cを利用するよりも手数料が高くなるというデメリットも存在するため注意が必要です。しかし、L/Cよりも早く簡単に手続き可能であるとともに、輸出債権が100%保証されるというメリットがあります。一般的には、輸入企業の支払いが90日延滞すると、保証が履行されます。

このように、国際ファクタリングとは輸出企業が貸し倒れのリスク回避のために利用されるものです。L/Cに比べると手数料が高いというデメリットはあるものの、輸出債権を確実に回収できるなどのメリットがあります。