ファクタリング契約の手数料相場と交渉の可否

取引をしているひとたち

ファクタリングを利用するにあたって、利用者が最も気になるのが手数料ではないでしょうか。手数料は、低ければ低いほど手元に残る金額は多くなりますが、あまりにも低く設定されている場合は悪徳業者である可能性があるため、ファクタリングを利用する際は、その相場を知っておくことが重要です。

ファクタリングには、大きく2社間取引と3社間取引の2種類存在しますが、それぞれ手数料の相場は変わります。一般的に、2社間取引では売掛金の10~30%程度、3社間取引では売掛金の1~5%程度が相場です。ここまで大きな開きがあるのは、ファクタリング会社にとって2社間取引がリスクの高い契約であるためです。

2社間取引の場合、取引先企業に知らせずに契約が結ばれるため、売掛金の入金は利用会社となります。ファクタリング会社は、利用会社が売掛金を他の目的で使用されてしまうリスクを背負うことになるため、リスク回避のために手数料を高めに設定しているのです。また、2社間取引では、売掛債権の二重譲渡を防ぐために債権譲渡登記が必要になることがあります。債権譲渡登記をする場合、印紙代が必要となりますし、司法書士に登記依頼をするのであれば司法書士への報酬も必要となるため、料金はおのずと高くなります。

このように、2社間取引と3社間取引では相場が大きく異なりますが、それ以外にも取引先企業の信頼度も重要な要素です。取引先企業の経営状態が良好であったり、継続的な取り引きがあったりする場合は、ファクタリング会社にとってリスクの少ない契約となるため、手数料は低くなります。また、売掛金額が少額である場合、ファクタリング会社が十分な利益を得るためには手数料を高く設定する必要がありますが、掛金額が高額であれば、手数料を抑えても十分な収益を上げることが可能となるため、売掛金額も非常に重要な要素です。

なお、ファクタリングの手数料は、交渉によって低くしてもらえる可能性があります。前述したように、手数料を大きく左右するのは取引先企業の信頼度や売掛金額なので、これらを材料に交渉すると場合によっては安くしてくれることがあります。また、他社を利用することをほのめかしたり、今後も継続利用する意思があることを示したりするのも効果的でしょう。ただし、ファクタリング会社の担当者も人間なので、交渉する際は真摯な態度で臨むことが重要です。言葉遣いが不適切であったり、約束の時間に遅れたりした場合は、人間性が疑われてしまい交渉の余地は無くなってしまうでしょう。