ファクタリングのメリット

スーツを着た女性

企業の資金調達方法には様々ありますが、それぞれのメリットとデメリットを知っておかないと、自社にとって最適な選択はできません。近年注目を集めている資金調達方法であるファクタリングにもメリット・デメリットが存在しますが、まずはメリットについて確認しておきましょう。

資金調達方法としてファクタリングを選択するメリットにはいくつか挙げられますが、最も大きなもののひとつが資金調達までに要する時間が非常に短いことです。特に、2社間取引を行えば最短即日で資金を調達できます。一般的に公的融資は3週間から1か月程度、銀行融資では2週間から3週間程度かかると言われていますが、これらの方法に比べてスピーディーに資金調達できるファクタリングは、緊急で資金が必要となった場合に頼りになる存在と言えるでしょう。

また、他の資金調達方法よりも審査が容易なことも大きなメリットです。この取引の審査で重要となるのは、自社の経営状態ではなく取引先企業の信頼度となります。ファクタリング会社にとって最も重要なのは、売掛金を確実にできるのかという点なので、たとえ赤字経営や債務超過、税金の滞納などがあったとしても、取引先企業の経営状態が健全であれば審査に通過する可能性があります。さらに、現在日本で行われているファクタリングは、ほとんどノンリコースであることもメリットと言えるでしょう。ノンリコースとは、売掛債権の売買契約が完了した後に、取引先企業が倒産するなどして売掛金を支払えなくなったとしても、その責任を自社が追う必要がないことを意味しています。つまり、ファクタリングを行えば、売掛金を回収できないというリスクを回避できるということです。

加えて、2社間取引を選択すれば、取引先企業に売掛債権を売却することを知らせずに済みます。自社の経営状態を周囲に知られたくない場合や、売掛債権を売却したことによる取引先企業の信頼低下を懸念する場合などは、2社間取引を選択すると良いでしょう。ちなみに、ファクタリングとは、あくまで売掛債権を売却するという取引であり、融資などの借入とは異なるため保証人や担保は不要です。また、売掛債権の売却となるため、会計上で負債には分類されません。負債にならないということは、貸借対照表に影響しないということなので、企業評価を落とすこともありません。さらに、銀行融資やビジネスローンなどでは、融資の記録が残ってしまいますが、ファクタリングでは記録が残ることがないという特徴があります。そのため、ファクタリングは、単に資金調達できるだけでなく、将来的に融資を受けたいと考えたときに、その審査に影響を与えないというメリットがあります。