ファクタリングとは、企業間の取引で発生した売掛債権を売却することで、本来の入金日よりも前に現金を受け取ることができる資金調達方法です。欧米では広く普及している資金調達方法ですが、近年は日本でも利用する企業が増加傾向にあります。また、ファクタリングは、大きく2社間取引と3社間取引の2種類に分けることができ、それぞれ仕組みが異なります。

2社間取引とは、自社とファクタリング会社の2社で売掛債権の売買契約が結ばれるものです。2社間取引の仕組みとしては、まず自社からファクタリング会社へ売掛債権を売却し、その後売掛債権の買取金額がファクタリング会社から支払われます。そして、取引先企業から売掛金が支払われた後は、そのままファクタリング会社へ入金するといった流れで取引が行われます。2社間取引は、取引先企業が売掛債権の売買契約に加わらない仕組みなので、スピーディーに資金調達できるのが特徴です。

握手をしているひと

一方、3社間取引とは、自社と取引先企業、ファクタリング会社の3社で売掛債権の売買契約が締結されるものです。2社間取引と異なる点としては、契約を締結するには取引先企業の承認が必要であることと、取引先企業の支払先は自社ではなくファクタリング会社になることが挙げられます。取引先企業が契約に加わるため、仕組みはやや複雑で手続きに手間がかかりますが、ファクタリング会社にとっては売掛金を回収できないリスクが少ない契約なので、手数料は2社間取引よりも低くなるのが特徴です。

なお、ファクタリング会社と一口に言っても、その種類は銀行系・ノンバンク系・独立系の3種類に分けられます。銀行系は、銀行のグループ会社や子会社が運営しているもので、3社間取引をメインで扱っています。銀行系は、手数料が安いというメリットがありますが、資金化できるまで時間がかかることや、審査が厳しく最低買取額も高く設定されているため、大企業向けで中小企業には不向きなことが多いです。

ノンバンク系は、銀行以外の企業のグループ会社が運営しているものです。親会社の業種は様々ですが、いずれの場合も銀行系と独立系の中間的な位置づけと言われています。独立系は、銀行系とノンバンク系に分類されないものを指します。2社間取引をメインで行っていることが多く、最低買取金額が低めに設定されているため、中小企業でも利用しやすいタイプです。このように、ファクタリングとは、売掛債権を売却することで資金調達する方法で、主に2社間取引と3社間取引があります。また、ファクタリング会社にも様々あるため、利用する際は正しい知識を身に着けておくことが重要です。